人生100年時代!治療から予防歯科へ

虫歯にならないように予防する

おすすめリンク

歯磨きの正しい方法とは

毎日、綺麗に歯を磨いてください。
それが予防歯科になります。
普段から歯を磨いていると思いますが、間違った方法では意味がありません。
正しい方法を理解してください。
そのためには、歯磨きに集中することが重要です。
テレビを見たり、スマートフォンを操作したりしていると磨き残しが出てしまいます。
歯を1本1本丁寧に磨くと、汚れを除去できるので予防に繋がります。
また、軽い力で擦りましょう。
力を入れすぎると、歯に負担を与えてしまいます。

歯垢や歯石が溜まっている場合は、歯磨きで綺麗に落とすことは難しいです。
歯医者に行って、医師に取ってもらってください。
歯医者には専用の機械があるので、こびり付いた歯石でも落とすことができます。
虫歯になっていないかもチェックしてもらえるので、定期的に歯医者に行くことをおすすめします。
できれば、1か月に1回は行きましょう。
どうしても仕事で難しい場合は、3か月に1回ぐらいでも構いません。

歯医者に行って、おすすめの道具を聞くのも良い方法です。
歯ブラシを使って歯を磨いている人が多く見られますが、他にも糸ようじや歯間ブラシを使うことでもっと汚れを除去できます。
また歯ブラシでも、お店に行くとたくさんの種類があるので、どれが自分に合うものかわからないかもしれません。
医師に相談すると、個人個人に合っていて汚れを除去しやすい歯ブラシを教えてくれます。
遠慮しないで聞いて、病気の予防に臨んでください。