虫歯にならないように予防する

>

努力することで虫歯にならない

この記事をシェアする

集中して歯を磨こう

歯を、磨いているつもりにならないでください。
集中していないと、磨き残しが出るので歯磨きの意味がありません。
歯磨きをしている時に、他の作業をしてはいけません。
歯を1本ずつ磨くと、汚れを綺麗に除去できると言われています。
通常は、歯ブラシを横に持って磨くと思います。
しかしそれでは歯の裏側や、歯と歯の間を磨くことが難しいです。

歯ブラシを縦に持つことで、細かいスキマに入り込んだ汚れでも落とせます。
歯磨きに、15分から30分ほどの時間を掛けると良いですね。
5分で終わらせている人は早すぎるので、磨き残しの可能性があります。
忙しい朝や昼間は時間を確保できないかもしれませんが、せめて夜はそのぐらいの時間を掛けて磨きましょう。

負担を与えないように

汚れを除去しようと考えると、力を入れて歯を磨いてしまう人が見られます。
しかし、歯に負担を与えると傷がつきます。
傷からバイ菌が侵入して、虫歯や歯周病を発症するので気をつけてください。
歯を傷つけないように、優しく磨くと良いですね。
丁寧に1本ずつ磨くと、軽い力でも汚れを落とすことができます。

奥歯は、磨きにくい部分だと言われているので意識してください。
鏡を見ながら磨いていても良いと思います。
すると全体を磨けたのか、目で確認できるのでおすすめです。
普段からこのように、磨いていれば、大きな病気を予防できます。
ずっと健康的な歯を維持できるように、普段から心がけてください。
若い時から意識することをおすすめします。